賃貸住宅探しは2つの方法でアプローチすると良い

大手不動産会社と地元の不動産会社

大手不動産会社と地元の不動産会社では、扱っている物件の種類が異なります。大手不動産会社が扱う物件は、収益物件やサブリースが中心となるので、オーナー自主管理や不動産会社直接管理物件は稀です。オーナーと顔を合せる機会も無いことが一般的という状況です。地元の不動産会社では、オーナーとの密接な関係から入居者の多くが長期入居ということも珍しくなく、入居者同士のトラブルが少ない物件が中心の優良物件が多いことで知られています。

大手不動産会社はデータベースとしての利用価値がある

大手不動産会社の最大の利点は、情報提供量が多いことにあります。サブリース物件を扱っていることも多いので、他の入居者と関わり合いを持ちたくない場合など都市部を中心としたドライな近所付き合いを希望する物件が多いです。地域ごとの相場を把握する際にもデータベースから参照出来るので物件選びの参考となりますが、本当に入居したい賃貸物件を探す際には目利きが必要となります。目の前にしている担当者が客付け業者なのか元付不動産会社の担当者なのかという点の見極めが出来れば地雷物件を避けられるでしょう。

地元の不動産会社は担当者の人柄を知る

地元の不動産会社が大して流行っているとは思えないにも関わらず潰れる所が少ない理由は、オーナーとの深い関係から入居者が転居する際にも同じ不動産会社を利用して移動するので店頭に足を運ばない利用客を多く抱えているからです。オーナーから入居者の専任まで任されている専任媒介物件をいかに多く持っているかが、地元の不動産会社の信頼度を示す指標となります。担当者と気が合うと感じられるよう最新の注意を払って物件を探せば優良物件を紹介して貰える可能性が高まります。

札幌の賃貸は、多数の不動産業者で取り扱っており、物件の詳細情報をチェックするだけでなく、希望に応じて内覧も可能です。