仲介手数料は無くせるってホント!?初期費用を安くする方法

仲介手数料はどちらから取っても良いのです

賃貸物件を探すときに仲介手数料を支払うのは借主と思い込んでいる人が多いです。しかし、法律上は仲介不動産会社は貸主と借主から受け取る仲介手数料は家賃の最大1ヶ月分以内と決まっているので、実際には大家が払っても良いことになっています。不動産会社が利益を追求するために、大家からは広告料という名目で法律に引っ掛からないマージンを受け取っており、仲介手数料を無料にすることで入居者が決まるなら広告料から差し引きすれば済むこととなります。

サブリース物件ならそもそも仲介手数料はない

大家と不動産会社の間で結ばれる一括借り上げ契約を結んで、入居者へ不動産会社がまた貸しする方法をサブリースと呼んでいます。サブリース物件では賃貸借契約は転貸契約となるので、不動産会社が貸主となり入居者が借主です。両者は直接契約の対象となることから仲介者が存在せず、仲介手数料は取れないことになります。礼金が設定されていた場合、不動産会社の懐に入るので大家には全く入らない部分となりますから、交渉により無しとすることも可能な部分です。

自主管理物件や大家直接募集が増えています

首都圏を中心として、莫大な広告料を支払わないと入居者を入れようとしない不動産会社が増えたことに業を煮やした大家は、直接入居者を募集して空室率を下げることに成功している例が増えています。大家自ら募集をかければ、条件交渉をしやすく自主管理を行えば管理手数料も不要です。大家・入居者双方にメリットがある方法として年々取り扱い数が増えている現状があります。それだけ不動産会社に対する不満が高まっている表れですが、既に対策を取っている大家も入居希望者も増えています。

駐車場付の賃貸を希望する際には必ずしも戸数に対して一台分のスペースが当てはめられる訳ではない点に注意する必要があり、駐車場が契約できない場合には近隣の月極を検討する事になります。