賃貸物件は管理会社と不動産会社を見極める必要あり

管理会社の品質は入居者の質に影響を与えます

管理会社の運営方針は入居者の質を左右することは知られています。実際に入居者からの要望を全て丁寧に対応する業者と意見として承るのみに留めて何もしない業者と同じ管理費を支払っていても存在しているのです。物件情報を不動産会社で確認する際に、気になった物件については管理会社がどこか聞いてみると良いでしょう。インフラ部分を確認すると同時に評判の悪い管理会社は、ネット検索すればすぐに出てきますので答えられない不動産会社は問題外です。

不動産会社が管理会社を兼任している場合は注意

賃貸物件を仲介する際に利用する不動産会社が、実は管理会社も兼任している場合があります。その際にはサブリース物件かどうかを直接確認すると良いでしょう。なぜなら、サブリース物件ならば不動産会社との直接契約となるので仲介手数料を取れないからです。にも関わらず仲介手数料を取ろうとする不動産会社は法律を無視した運営をしている会社となるので、避けることが賢明となります。代わりに礼金1ヶ月としている会社も自社利益となりオーナーには払われないお金となるので注意が必要です。

礼金無し物件は登記簿謄本を確認しよう

賃貸物件の中には比較的新しいにも関わらず、礼金ゼロという物件があります。金融機関からローンを組んで建設したアパートやマンションでは礼金を取れない決まりとなっているので、ローンを抱えたまま運営しているオーナーの場合には突然収益物件として売却される可能性があります。オーナーチェンジが発生すると、管理会社変更に伴い環境が一気に悪化する懸念が大きいので、初期費用はかかりますが礼金は最初の表示で1ヶ月と表記されている物件を狙い交渉によりゼロにすることが望ましいです。

札幌市清田区の賃貸マンションは、キッチンといった設備が最新式のものなので家事も今までより楽に行うことができます。