入居前に確認しておこう!集合住宅のご近所トラブルとは

ご近所トラブルの定番!騒音問題

賃貸の集合住宅は不特定多数の入居者がいるため、ご近所トラブルが起きやすいシチュエーションです。入居前に確認できることは確認して少しでもトラブルに悩まされないようにしましょうね。まずは騒音問題です。部屋が隣り合う住人だけではなく、上下の足音や振動でも起こりやすいトラブルですよね。頻繁にトラブルに発展しやすいので、ある程度の忍耐は必要ですが、入居前に防音レベルは必ずチェックして下さい。下見の段階で、防音対策がどれくらいされているのかは、重要確認項目です。壁や床下の素材が厚ければ、それだけ騒音も伝わりにくいので安心です。

ゴミ出しのトラブルは夏場に注意!

続いてのご近所トラブルはゴミ出しマナーの悪さです。集合住宅の多くは、住宅に併設された指定の収集場所にゴミを出しますよね。しかし、住人の中には決められた指定日や指定時間に出さず、分別もしていないゴミを出す人がいます。冬場はまだ耐えられますが、真夏の時期は匂いが発生するので入居者全員に悪影響をもたらします。入居前の下見で、収集所に置き去りにされたゴミがある場合は注意してくださいね。また、管理会社や大家さんが、ゴミ出しマナーに対して、どれくらい厳しく管理しているのかも仲介業者に確認を取ることをオススメします。

近年増加しているたばこ問題!

最後に紹介するのが、近年増加傾向にあるタバコの隣人トラブルです。家族に気を使い、ベランダに出てタバコ吸う人が多くいますよね。しかし、ベランダとベランダの間は簡易的な壁しかないので、風の流れによっては煙がきてしまいます。すると、洗濯物に匂いがついたり、換気口から部屋の中に匂いが入ってくるケースもあります。そのため、入居前に管理会社が責任をもって注意喚起をしてくれるのか否かや、これまでのクレーム件数などを聞いておきましょう。

帯広市の賃貸マンションは、防犯性に優れている賃貸マンションとなっているので安全性を求めている人に最適です。